この企業連携がスゴい!

どうして企業連携に力を入れてるんですか?

 学生の最終目標である「希望就職」の実現には、在学中から「現場」を体験することが大きな意味を持ちます。自身の適性判断の材料となるだけでなく、即戦力としてライバルに差をつけ、就職を有利にするなどの利点があります。
 ではどうすれば「現場」体験が可能となるのか? そのひとつの方法が企業との連携です。業界セミナーや企業課題での協力、長期インターンシップの実施など、様々な方法で「現場」の知識を得たり経験を積んだりできる学習環境を整えています。
 「知識」は大事。しかし、「経験」にはそれを上回る価値があります。説得力のある「実力」を在学中に養うため、ヒューマンアカデミーは企業連携に力を入れているのです。

無限の可能性を引き出す

企業連携ではどんなことをしていますか?

 業界セミナーでは、業界のトップランナーをお迎えし、最新の知識や技術をレクチャーしていただいています。日常的にご提供いただいている「企業課題」では、実際のクライアントからお仕事をいただき、商品に足る制作物のクオリティ向上、進行管理・納期厳守などを体験しています。また、長期インターンシップでは、社員の方々と同一の環境で同一の仕事に携わることができます。「長期間」ですから、横で見学する・アシスタント的に補佐する程度ではなく、より本格的に仕事に取り組み、現場で通用するスキルを積み上げていけるのです。

業界セミナー×企業課題×長期インターンシップ
どんな企業と連携していますか?

 たとえば、スポーツ分野では福岡ソフトバンクホークスやサンフレッチェ広島など。ゲーム分野では、スクウェア・エニックスやコンセプトなど。ヘアメイク系では、著名外資化粧品メーカー。パフォーミングアーツ系では大手芸能プロダクションと連携。デザイン分野では数多くの企業様から様々なデザイン制作の依頼を受けています。特にマンガやゲーム分野では「全国合宿」に数十もの企業の方にご来場いただき、学生の作品を見ていただいて「採用」「デビュー」へとつなげる機会も設けています。まさに学生一人ひとりが「夢」「憧れ」ととらえている企業と連携を結ぶことにより、その夢の企業との接点をしっかりと設けているのです。

※2015年3月時点での企業名で掲載しています。

どうやって企業と連携できるようになったのですか?
 ヒューマンアカデミーが誕生したのは1985年。開校以来「カンパニースクール」というスタイルで、実業界と近いスタンスで教育環境の充実を図ってきました。逆に言えば、企業が求める人材を育成するために、それに最も近い距離で人材育成を実施してきたとも言えるのです。企業が求める人材を恒常的に安定して輩出する。長年に亘りそうした信頼関係を少しずつ築いていった結果、企業側もヒューマンアカデミーに対して企業連携などで協力しようと言う空気感が醸成されるに至ったのです。
今後の企業連携について
 ヒューマンアカデミーではこうした業界との良好な関係をさらに広め、より多くの企業からご協力を賜り、真に業界の求める人材育成のための教育環境の充実を図っていきます。
 変化の激しい業界の将来を見据えたカリキュラムや、より実践的な現場体験プログラムの構築を通して学生全員の希望就職実現をサポートするとともに、地道に実績を積み重ねて、入学をお考えの方々に「希望就職」が確実に実現する専門校として認識されるよう、研鑽して参ります。