在校生の声

夢を追いかける、先輩たちの声

在校生からのメッセージ

菊地 聖香 さん
チャイルドケア専攻2年

菊地 聖香さん

就職ももちろん、自分が子育てするときにも活用したい。

こどもに関わる仕事がしたいと考え入学しました。カレッジの魅力は自分の時間を活かすことができるカリキュラムです。アルバイトと勉強を両立できるのでとても助かっています。 単位を取るための試験勉強や毎日あるレポートは大変ですが、先生方の協力とクラスメイトのおかげで乗り越えることができます。自分の夢を叶えられるようこれからも頑張ります。

川村 憲央 さん
チャイルドケア専攻2年

川村 憲央さん

こどもの気持ちに寄り添う大変さと大切さを実感しました。

平日は学童指導員としてこどもと関わっています。たくさんのこどもが安心して笑顔でいれるよう社会の一員として大人として資格を取得しようと思いました。 仕事や家庭がありますのでレポートや授業は大変ですが、こどもが好きということと社会貢献したいという強い気持ちがあればやり遂げることができると思います。

住吉 麻理 さん
チャイルドケア専攻3年

住吉 麻理さん

小さいこどもと関わることでこの分野で働きたいと実感しました。

授業で習ったペープサート(紙人形劇)やピアノがインターンシップの現場でとても役に立っています。そのほか現場でしか分からない、教室の雰囲気や一日の流れを先輩たちが優しく教えてくださります。 保育士になることが小さい頃からの夢だったので、資格を取得し、保護者の方を支えられる責任感を持った先生になろうと思います。

内田 ちとせ さん
チャイルドケア専攻3年

内田 ちとせさん

自身の子育ての経験を活かし困っている母子の支援をしたい。

様々な人たちに助けられながら子育てをしてきたので、育児に困っている方の力になりたく入学しました。実習に行っていない施設を志望したのですが、カレッジの先生が連絡をとってくださり無事に内定をいただくことができました。 入社後は学童保育の仕事に就くので1人ひとりのこどもや保護者様に寄り添い、より良い環境をつくっていきたいと思います。

松本 絵美 さん
チャイルドケア専攻3年

松本 絵美さん

こども達が「愛され、認められている」と感じる環境をつくりたいです。

学習発表会、スポーツ大会など、年齢の違いはあっても同じ夢に向かい、お互いに刺激し合う学生生活はとても貴重な時間でした。 特に「チャイルドマインダー」の授業ではこども達が安心して過ごせる環境を意識した視点を学べたのが良かったです。自分で勉強を進めていくのは大変かと思いますが熱意を持って取り組めば必ず達成できます。

東 珠奈 さん
チャイルドケア専攻

東 珠奈さん

机の上では学べないことを体験することができました。

実習を振り返ってみると、こども一人ひとりに合った声のかけ方や、伝え方があること、コミュニケーションによって信頼関係を築くことの大切さなど、机の上では学べないことを体験することができました。 失敗することもありましたが、そんな私を受け止めてくれた、ヒューマンアカデミーの講師には本当に感謝しています。将来はそんな先生になりたいです。

中道 結花 さん
チャイルドケア専攻

中道 結花さん

毎日が新鮮で本当に楽しい実習があります。

自分自身が小さい頃に通っていた、幼稚園での実習に参加しました。こどもと一緒に遊んだり、手遊びを覚えてくれたり...。毎日が新鮮で、本当に楽しかったです。 ヒューマンアカデミーでは、座学はもちろん、講師が働いている園や施設での実習も多く、こどもと一緒に遊びながら学ぶ機会も豊富で、充実した学校生活を送ることができます。

渡邊 晃介 さん
チャイルドケア専攻

渡邊 晃介さん

ゲームの企画・シナリオから保育の道へ進路変更。

高校卒業後は、ゲームの企画・シナリオを学んでいましたが、自分が本当にやりたいことはなんだろうと考えるうちに、保育の道に進みたいという気持ちが強くなり、進路を変更しました。 将来は、子育てをしながら病院や自衛隊などの忙しい職場で働く方々が、安心してこどもを預けられるような場所を作りたいと思います。これがヒューマンアカデミーで見つけた夢です。

中田 さくら さん
チャイルドケア専攻

中田 さくらさん

笑いがたえない楽しい学校生活が待っています。

クラスの雰囲気はすごく良くて、先生たちもわかるまで丁寧に教えてくれます。ユニークな先生が多く、授業は毎日笑いがたえません。こんな先生と一緒に遊べたら、こどもたちも楽しいだろうなと実感していました。 実習にも参加しましたが、学校で学んだ提出物の書き方や、こどもたちへの接し方はそのまま現場で活用することができました。

中谷 将山 さん
チャイルドケア専攻

中谷 将山さん

幅広い年齢の方と学ぶことで自分自身の価値観が広がる。

クラスには、子育て経験のある方や自分の親と同世代の方など、幅広い年齢層の中で学んだことで、さまざまな価値観や考え方に触れながら、学ぶことができます。 卒業後は、児童養護施設で働きたいと考えていますが、いじめにあったこどもたちの気持ちを少しでもわかってあげられるような保育士になりたいです。こどもたちの笑顔のために、一緒にがんばりましょう。

堀内 梨佐 さん
こども保育専攻

堀内 梨佐さん

保育士の資格を取得して現場に戻りたい。

20歳の頃から保育補助を続けてきましたが、こどもたちの発達段階や月齢・個人に合わせた発育の促し方など、知識の不足を痛感していました。 これまでの経験を生かしながら、しっかりと資格をして現場で働きたいと考え、入学しました。年齢や職業など、様々な人たちと一緒に学ぶことで、自分自身の価値観も広がりました。

重久 恵美 さん
こども保育専攻

重久 恵美さん

ずっとなりたかった保育士になるために。

夢だった保育士になるために、高校卒業後はアルバイトをして学費を貯めていました。私のように、学費の面で入学を悩んでいる方も多いと思います。 学校へ通うのに遅すぎるということはありません。少しでも興味があるのなら、迷っている時間がもったいない!思い切って一歩を踏み出すべきだと思います。みなさんの入学を待っています。

伊藤 俊平 さん
こども保育専攻

伊藤 俊平さん

医療ソーシャルワーカーから保育士の世界へ。

大学卒業後は、障害者施設で医療ソーシャルワーカーとして勤務していました。施設にはこどもたちも多く、自分が関わることで、こどもたちに表情や感情が生まれることに惹かれ、保育の道に進みたいと考えました。 夢はこどもたちから「先生がいてよかった」と言ってもらえること。夢に向かってがんばっていきたいです。

卒業生からのメッセージ

長島 幸恵 さん
合同会社ウィンゲート勤務

長島 幸恵さん

保育分野はもちろん、様々な分野に長けた先生がたくさんいます!

こどもにも運動にも携われる仕事がしたいと思い「運動指導」ができるお仕事をしています。「運動指導」に関しては入社してから1からのスタート。 でもカレッジで学んだ様々な先生や友人からのアドバイスや考え方によって自分のやりたいことをしっかり見据ることができました。みなさんも本カレッジで自分と向き合い、様々なことにチャレンジしてみませんか?

北原 一 さん
こばと保育園・学童保育勤務

北原 一さん

資格を取ったらすぐに現場に出られるのが大きな魅力です!

学童保育の指導員で放課後のこどもたちが、楽しく安全に過ごせるような環境を作っています。学生の頃に多くの実習に入れたのでこどもとの距離感を身につけることができました。 授業で習ったことが実際の現場で起こり、こどもを見守ることが成長に繋がるということを改めて実感しています。これからも小学生の良きお兄さんでありたいと思います。

コース一覧

校舎紹介

ヒューマンアカデミーfacebookページ