HAIR & MAKEUP ヘアメイクカレッジ

ヘアスタイリストの仕事を知ろう!

ヘアスタイリスト、別名美容師とも言われる仕事は、普段から利用している方も多く馴染みのある職業ではないでしょうか。実は美容師の仕事は髪をカットしたりスタイリングしたりするだけではありません。普段見えない美容師の他の仕事や必要な資格などについてチェックしてみましょう。

ヘアスタイリストとは?

ヘアスタイリスト、もしくは美容師は髪をスタイリングする仕事です。まずは、どのようなヘアスタイルにしたいかなどカウンセリングを行うことから始まります。そして、顧客のニーズに合わせて、シャンプーやブロー、カットやカラーリングなどを施していきます。成人式の季節になると、ヘアメイクだけでなく、着付けやメイクを施すことも。また、美容室によってはネイルなどを行うこともあります。 ヘアスタイリストと言っても、ランクがあるのが特徴。細かく分けると店ごとにアシスタント、スタイリスト、店長などのランクがあります。アシスタントは見習いになりますが、スタイリストになるとアシスタントへの指導。店長クラスになると売り上げやスタッフの管理などを任されるようになります。

ヘアスタイリストになるには?(必要な資格・スキル)

ヘアスタイリストになるには、美容室やヘアメイク事務所、ブライダル業界などに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、美容系の専門学校卒業者が多く働いています。 ヘアスタイリストになるには、国家資格である美容師免許を取得する必要があります。肌に近い髪に触れる職業であるため、衛生的な面で技術が必要とされるからです。美容師免許は専門学校を卒業しないと受験資格を得られないため、美容系の専門学校に通うことも必須になってきます。美容室によっては、美容師見習いとして働きながら専門学校で学ぶことも可能です。 また、美容室は成人式でも頻繁に利用されます。プラスアルファの資格として、日本メイクアップ技術検定協会主催のJMAメイクアップ技術検定や国際美容協会山野流着装主催の着物着付師の資格を持っていると就職に有利です。

ヘアスタイリストの年収は?

ヘアスタイリストの初任給は13~20万円で、年収は200~400万円。見習い期間であるアシスタントの期間は給与が低い傾向にあります。ただし、トップスタイリストにまで上りつめると年収が500万円を超えることも少なくありません。

ヘアスタイリストの求められる人物像は?

ヘアスタイリストに求められるのは美的センスと高いコミュニケーション能力です。まず、ヘアスタイルを売りにしているという職業柄、自分自身もヘアスタイルやファッションなどに気を使う必要があります。清潔感がありセンスがあるという点は、美容師にとって大切な要素のひとつです。次にコミュニケーション能力。ヘアスタイルによっては、スタイリングに2~3時間要することもザラです。客が安心して任せられるという面において、豊かなコミュニケーション能力も求められます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube