HAIR & MAKEUP ヘアメイクカレッジ

ヘアメイクアーティストの仕事を知ろう!

メイクでも印象は大きく変わりますが、ヘアスタイルも芸能人などのイメージを印象付けるために重要な要素。ヘアメイクアーティストは、ヘアスタイルという点においてプロフェッショナルな技を持った職業です。華やかな舞台を支える職業のひとつとして知られるヘアメイクアーティストの仕事と必要なスキルなどについてみてみましょう。

ヘアメイクアーティストとは?

ヘアメイクアーティストは、モデルやタレントのヘアメイクを施す仕事です。場合によっては、メイクを施すこともあります。ヘアメイクとは意外にも繊細な作業。顔の形などによっても適切なヘアスタイルは変わってきますし、肌のコンディションやヘアメイクが崩れないように温度や湿度にも気を使う必要があります。そのため、アシスタントで経験を積んでからなるケースがほとんどです。また、芸能界だけでなくブライダル業界で活躍するヘアメイクアーティストもいます。

ヘアメイクアーティストになるには?(必要な資格・スキル)

ヘアメイクアーティストになるには、ヘアメイク事務所やブライダル業界に採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、美容系の短大や専門学校卒業者が多く働いています。また、メイクアップアーティストやスタイリストなどと同様に、アシスタント期間を経て、ヘアメイクアーティストとなるのがほとんどです。 ヘアメイクアーティストは、美容師同様に髪を扱う仕事になるため、美容師免許がほぼ必須になっています。美容師免許の取得は、厚生労働大臣指定の専門学校を卒業して取得するか、美容師で見習いとして働きながら取得するのが一般的です。他にも、日本メイクアップ技術検定協会主催のJMAメイクアップ技術検定や着付けの資格などを取得しておくと就職に有利になります。

ヘアメイクアーティストの年収は?

ヘアメイクアーティストの初任給は13~15万円、年収は200~500万円。入社当初はアシスタントから入ることが多いため決して多い初任給ではありませんが、キャリアを積むことで年収は上がる傾向にあります。また、担当のタレントによって年収が左右されることも。コネクションは特に大切にしておきたい業界です。

ヘアメイクアーティストの求められる人物像は?

ヘアメイクアーティストに求められるのは、向上心があり、気配りのできる人物です。ヘアスタイルなどは時代によって変化していくもの。ヘアメイクアーティストとして様々なヘアスタイルのアレンジができるようになるためにも、常にアンテナをはっておく必要がありますし、新しいことを取り入れる努力が必要になってきます。また、ヘアメイクアーティストは、人と接する職業であるために、細やかな気配りができるという点も重視される職業です。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ
ネイル カレッジ
ブライダル カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube