HAIR & MAKEUP ヘアメイクカレッジ

ヘアメイクとスタイリストの違いとは?

ヘアメイクアーティストとスタイリストは何が違うのでしょうか?どちらも裏方の仕事になりますが、どんな仕事をして、どういった関係性なのでしょうか?ここでは、ヘアメイクとスタイリストの違いや共通点について解説いたします。

ヘアメイクとスタイリストの仕事内容

ヘアメイクの仕事は、クライアントの意向やシチュエーションを考えながら、モデルとなる人や服に合ったメイクアップやヘアセットを施すことです。ヘアメイクアーティストが、自分が好きなヘアメイクをモデルに施すわけではなく、クライアントとなる企業やモデル、芸能人、花嫁さんなどの意向が反映され満足してもらえる施術をおこなわなければなりません。 一方でスタイリストの仕事は、ヘアメイクの仕事同様、クライアントとなる企業やモデルなどの意向を反映し、ファッションコーディネートを創り上げることです。使用するファッションアイテムを店舗に借りたり、使用後はアイロン掛けをしたりもします。

ヘアメイクとスタイリストの関係

ヘアメイクアーティストとスタイリストは一緒に仕事をする機会が多いです。ドラマやCM、ファッションショーやブライダルで、「ヘアメイクだけセットする」「コーディネートのスタイリングだけする」など、どちらかだけを施すことは少なく、1人のモデルに対して、「ヘアメイク」と「スタイリスト」の両方が必要なことが多いため、ヘアメイクアーティストとスタイリストはセットで考えられます。ヘアメイクやスタイリングをおこなう場合は、クライアントやモデルの意向を汲み取ったうえで、ヘアメイクアーティストとスタイリストで一緒に世界観を創り上げていくので、互いに尊重しあうことが重要です。

ヘアメイクとスタイリストの違いや共通点

ヘアメイクとスタイリストの仕事の違いは、「髪やメイク」を扱うか、「服」を扱うかの違いです。どちらの職業もセンスや経験が問われる職業で、「モデルをキレイにしたい」「格好良くしたい」「おしゃれにしたい」などの気持ちが共通して根底にあります。TVや雑誌、ファッションショーやブライダルなど活動するフィールドもほぼ同じで、1日のスケジュールもモデルに付きっきりになったりするのは一緒ですので、体力的なハードさも同じくらいと言えます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ
ネイル カレッジ
ブライダル カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube