HAIR & MAKEUP ヘアメイクカレッジ

第一線で活躍するヘアメイクのプロになるには

感動を与えるブライダルメイクアップアーティストになりたい、雑誌やコレクションなどで活躍するヘアメイクアップアーティストになりたいなど、ヘアメイクのお仕事をしたい理由は人それぞれです。そんな夢をかなえるためにどうすればいいのでしょうか。

ヘアメイクのプロになる方法とは

ヘアメイクのプロになると言っても職種によりその方法は異なってきます。メーカーや式場、写真スタジオなどで働く場合は最低半年以上の専門学校が必須、ヘアメイクアップアーティストとして働く場合でも専門学校に通うことが一般的でしょう。学校では先生や現役で活躍する講師から知識と技術を学ぶことができます。中にはインターシップや学生サロンを取り入れることでリアルな現場体験の提供を行っているところもあります。美容師資格試験やメイクアップ検定を所得できる学校であれば、在学中に資格を所得できるので就職の幅も広がります。一方でヘアメイクには必須の資格はないので学校などには通わず、飛び込みでプロのヘアメイクアップアーティストの方に師事するという手もあります。学校に通わない分、早くから第一線で活躍することが期待できます。

いつから目指すのか

ヘアメイクを目指すのに何歳からという決まりはありません。スポーツ選手のように第一線で活躍できる期間は限られてくるので、早めの行動が大切です。中卒でも入学できる専門学校はあります。また大学生や社会人からでも、定時制の学校に通うことで本業をそのまま続けながらヘアメイクの道を目指すことも可能です。大人になりヘアメイクの夢をあきらめかけている人がいれば、この機会に専門学校を調べてみるとよいかもしれません。

普段のこころがけ

美にまつわるヘアメイクのお仕事には自分自身の感性が大変重要になってきます。それは短期間で習得できるものではなく、長年の人生経験を介して形成されていくものです。技術や知識は専門学校に入ってからでも磨くことはできますが、ヘアメイクになると志した時から行動に移すことは重要です。普段から雑誌を読むことや映画を鑑賞すること、人間観察をしておくとよいでしょう。ヘアやメイクだけでなくファッションやトレンドに敏感であることも大切です。また人と密に関わる仕事であるため、コミュニケーション能力が常に問われます。日ごろからできるだけ外へ出て、たくさんの人と触れ合うくせをつけておきましょう。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube