HAIR & MAKEUP ヘアメイクカレッジ

美の世界で生きるヘアメイクの仕事とは

美しさを追求する華やかなヘアメイクの仕事。実際にはどんな仕事があるのか。仕事を通じてのやりがいや大変な面、将来性などについてみていきましょう。

ヘアメイクってどんな仕事

お客様の髪や顔をきれいに仕上げるお仕事であり、その活動場所やクライアントは多種多様です。芸能人やファッションショーのモデルを装飾するヘアメイクアップアーティスト。デパートなどの百貨店で化粧品をすすめるビューティーアドバイザー。結婚式や七五三などの大切な日に行うヘアメイクなどがあります。中には化粧品メーカーに勤め商品開発に携わる人もいます。容姿を変える、肌に触れるということは責任が伴いますし、つくりあげたものが写真や映像として形に残る場合が多いことでも大変貴重な仕事と言えます。

仕事として大変なところ、やりがいのあるところ

お客様をきれいにして喜んでいただけた時や作品の仕上がりについてクライアントから良い評価を受けた時は、他には代えられない充実感を得ることができるでしょう。テレビや雑誌、映画などの媒体に作品と自分の名前が載るということは普通の仕事では経験できませんよね。また腕を磨けばフリーランスとして働くことも可能でクライアントの注文に沿ったスタイルをつくるだけでなく、次第にコンセプトから任されるかもしれません。 一方で大変な面もあります。メーカーや写真スタジオなど勤務の場合は比較的安定した生活を送れますが、お客様がいて成り立つ商売であり、相手のスケジュールを合わせることが多い仕事です。自分の都合で休めることも少なく、休日、祝日関係なく不規則な生活を要します。そして見た目に関わることなので、とてもシビアな世界です。仕上がりの完成度が高くともクライアントのイメージと異なれば厳しい評価を受けることも。はじめはアシスタントとして働くパターンもあり、その場合はヘアメイク以外の雑務も引き受けなければなりません。

ヘアメイクの将来性は

精神面と体力面の双方をもっていないとできない仕事であり、定年まで現役ヘアメイクとして働くことは大変です。仕事全般に言えることですがしっかりと実績を積むことが大切です。スクールの講師や会社の経営者になることでヘアメイクとして働く人たちを支える立場になることもできます。ヘアメイクの仕事はとても繊細かつ、人の肌に触れる仕事です。何でも機械化がされることが多い中、独創性が求められるヘアメイクの業界はこれからも必要とされるでしょう。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube