HAIR & MAKEUP ヘアメイクカレッジ

ヘアメイクにはどんな資格があるのか?

ヘアメイクアーティストになるにはどんな資格を取得しなければいけないのでしょうか?ここでは、ヘアメイクの資格や美容師資格の必要性などについて解説しています。

ヘアメイクの資格とは?

ヘアメイクに特化した資格というのは今のところありません。そのため、専門学校では、美容に関する各団体の作った資格を取得します。各学校で取得する資格で多いのが「JMA(日本メイクアップ技術検定試験)」、「色彩検定」「着付けに関する資格」などです。 「JMA(日本メイクアップ技術検定試験)」は、メイクアップに関する最もメジャーな検定で、1級〜3級まであり、スキンケアやメイクアップ方法、カウンセリングなど、メイクアップの基本技術を習得するための資格です。ヘアメイクアーティスト以外にも美容部員を目指す人も取得を目指します。 「色彩検定」は、色に関する知識を得られる内容で、ヘアメイクの専門学校に限らず取得する人は多いです。 「着付けに関する資格」は、ブライダルヘアメイクに就きやすくなることもあり、取得する人は多いです。着付けの資格は認定団体などにより、多くの種類が存在します。あとは、学校独自に作っているオリジナルの資格を取得する場合があります。

美容師資格は必要か?

ヘアメイク業界を目指す場合に美容師資格は必要なのでしょうか?それとも不要なのでしょうか?答えは、どちらも正解です。就職先によって、美容師資格がないと入れないところもあれば、資格がなくても入れるところもあります。「絶対に必要」とも「絶対に必要ない」とも言えません。そのため、専門学校によっても「美容師資格を取得」する学校もあれば、「美容師資格は取得しない」学校もあります。どちらもメリット・デメリットがあり、「美容師資格を取得」する学校は、美容師資格取得のための勉強がメインであり、ヘアメイクの勉強は少なくなります。「美容師資格を取得しない」学校は、ヘアメイクの勉強が中心ですが、美容師資格を取得しません。 傾向として、ブライダルヘアメイクを中心におこなっている企業や事務所へ就職する場合は、美容師資格が必要な場合が多いです。芸能人やモデルなどのヘアメイクを目指している場合は、美容師資格はあってもなくても問題なく就職できる場合が多いです。

資格は必要なのか?

ヘアメイク業界を目指す場合、資格はいらないのでしょうか?答えは、資格は必要です。ヘアメイクに特化した資格がないからといって、何も資格を取得しないと就職に不利になる場合があります。専門学校で取得できる各美容の資格を取得していることで、「一定の技術がある」ことが証明されます。逆に資格を持っていないと証明できるものがなくなってしまいます。資格は就職の際に役立つパスポートのようなものですので、可能な限り取得しましょう。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube