HAIR & MAKEUP ヘアメイクカレッジ

中卒でもヘアメイクの専門学校に入学できるの?

TV、雑誌、ショー、ブライダルなど、幅広いシーンで活躍するヘアメイクアーティスト。中卒でもヘアメイクアーティストになるために専門学校に入学することはできるのでしょうか?ここでは、専門学校の入学条件や中卒でも入学できる学校の見分け方、中卒で入学する場合のメリット・デメリットなどについて解説いたします。

専門学校の入学条件とは?

一般的に、ヘアメイクの分野に限らず学校法人の専門学校に入学するためには、高校卒業資格の取得が必要です。中卒の場合は、高校卒業資格がありませんので何歳であっても入学条件を満たさず、入学することはできません。しかし専門学校には、学校法人が作った学校と企業が作った学校とあり、企業が作った学校法人でない専門学校であれば、高校卒業資格がなくても入学することができます。したがって、中卒でも、企業が作った学校であれば問題なく入学して勉強をしていくことができます。

中卒でも入学できる企業が作った学校の見分け方とは?

企業の作った学校であれば、中卒でも入学することができます。では、どうやって学校法人の作った学校と、企業が作った学校とを見分けたら良いのでしょうか?見分け方は簡単で、学校の名称に「学校法人」「専門学校」と表記されているかどうかです。「●●学園」「〜専門校」「〜専門の学校」「〜スクール」など「学校法人」や「専門学校」という表記がないものは、中卒でも入学できる企業が作った学校ですので、これらの学校を探すようにしましょう。 企業の作った学校は、学び方も多種多様で、週1日〜通える学校もあれば、週5日通う学校もあり、取得したい資格やスキル、学校生活の有無など、自分に合った学び方を選ぶことができます。学校によって入学できる年齢は異なりますが、高校卒業資格も取得できる学校であれば満16歳であれば入学可能です。

中卒で入学した場合のメリット、デメリットとは?

中卒で入学することで得るメリットは、「早く学べることです」。高校卒業資格を取得するために通信制高校や定時制高校に入学し、卒業して専門学校に入学するのではなく、すぐに専門の学校に入学できます。そのため、早く学び、早く業界へ就職することができます。ヘアメイク業界は実力主義でもありますので、学歴よりも技術が大切です。早く学ぶことは何よりもアドバンテージになります。 デメリットは、基礎学力が劣る可能性があることです。マナーや言葉などを知らないと、就職してから困ってしまいます。しかし、専門の学校に入学してからでも、カリキュラムは整っていますし、独学でも身に付けていくことはできますので、そこまで心配する必要はありません。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube