FASHION ファッションカレッジ

スタイリストの仕事を知ろう!

芸能界という華やかな舞台を裏で支える職業のひとつである、スタイリスト。CanCanで有名になった亀恭子氏やOggiに連載されている高橋リタ氏は業界でも有名です。腕が認められるとモデルなどから直接指名されることもあります。そんなファッションをリードするスタイリストの仕事や必要な資格についてチェックしてみましょう。

スタイリストとは?

スタイリストは、モデルなどの芸能人のコーディネートを担当する職業です。ファッション雑誌などに掲載されているコーディネートの多くは、スタイリストによって行われています。スタイリストと一言で言っても活躍する場はさまざま。雑誌を主に担当したり、テレビタレントのコーディネートを担当したり、映画撮影で携わったり、広告に関わったりとそれぞれ役割があります。同じスタイリストでも映画では場面にあったコーディネートをする、広告ではコンセプトにあったコーディネートをするなど仕事の内容が若干異なるのが特徴です。基本的にスタイリストは、打ち合わせを行ってからスタイリングしていくのが一般的。また、撮影で使われる衣装のリースや返却などもスタイリストが行います。

スタイリストになるには?(必要な資格・スキル)

スタイリストになるには、アパレルメーカーやスタイリスト事務所に採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、大学や服飾系の専門学校卒業者が多く働いています。また、プロのアシスタントに専属スタイリストとして経験を積んでからなるケースも珍しくありません。スタイリストの場合、一般的に募集をかけていることが少ないため、自ら企業に応募の連絡をするなど、積極的に行動することが大切です。 また、スタイリストになるために必要な資格はありませんが、服飾系の資格を持っていると就職の際にアピールすることができます。東京商工会議所主催のカラーコーディネーター検定試験や日本ファッション教育振興協会主催のファッションビジネス能力検定あたりはチェックしておきましょう。

スタイリストの年収は?

スタイリストの初任給は0~15万円、年収は200~500万円。スタイリストの場合、すぐにスタイリストになる訳ではなく、スタイリストのアシスタントを経てなるケースが一般的です。そのため、収入が不安定であるアシスタント時代は、収入が低くなってしまうこともあります。

スタイリストの求められる人物像は?

スタイリストは、雑誌や映画などテーマによってコーディネートを行わなくてはなりません。そのため、さまざまなテーマに対応できる柔軟性とセンスが求められます。また、有名人や他の業種とも積極的に関わる職業であるため、ちょっとした気遣いができるという点も大切です。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube