FASHION ファッションカレッジ

ショップオーナーの仕事を知ろう!

ショッピングセンターや商店街などで見かけるアパレルショップ。ショップ店員は衣服を販売するという職業ですが、その上に、ショップの販売促進から管理などを行うショップオーナーと言われる仕事があります。店頭での販売業績や経営などに関わる仕事で、アパレルブランドなどが各ショップを管理するのに欠かせない役割です。具体的に、ショップオーナーのことと、必要なスキルなどをチェックしてみましょう。

ショップオーナーとは?

ショップオーナーとは、店舗の経営者のことです。ブランドショップのオーナーとして、ブランドコンセプトに合った空間を演出し、販売から仕入れ、マネージメントなどときにはマーチャンダイジングのようなことまで行います。また、スタッフへの教育を行ったり、自ら店頭に出てクレームに対処したりすることも。ショップでの販売をうまく回し、さらにスタッフや商品を管理するには欠かせない存在なのです。

ショップオーナーになるには?(必要な資格・スキル)

ショップオーナーになるには、アパレルメーカーやアパレルショップに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、ファッション系の専門学校卒業者が多く働いています。また、中にはアパレルショップで販売員として経験を積んでなるというケースも珍しくありません。
ショップオーナーになるのに特別な資格は必要ありません。ファッションやファッションブランドに思い入れがあるというのも大切ですが、ファッションに関わることだけでなく、経営面の仕事が多いショップオーナー。ショップオーナーを目指すのであれば、ファッションのセンスなどの他に、マーケティングや資金管理、バイイングなど経営者としての知識も備えておきたいところです。

ショップオーナーの年収は?

ショップオーナーの初任給は10~30万円で、年収は250~400万円。あくまでも平均的な年収であって、アパレルメーカーのブランドであれば業績を伸ばすことによって、他には独立しセレクトショップを経営することなどによって年収を伸ばすことは可能です。

ショップオーナーの求められる人物像は?

ショップオーナーは、現在の状況だけでなく先を見据えて、かつリスクを考えながらショップの舵をとる仕事です。そのため、あらゆるリスクを想定しながら慎重に対処できる人物が求められます。リスクを考えず、ただ販売するだけでは効率や業績の良い販売にはつながらないからです。 さらに、クレームが入ったり、商品が間違って送られてきたり、日々の経営では様々な不測の事態が起こることも少なくありません。そんな予期しないことが起こった場合でも、適切な対処を行える臨機応変にものごとを処理できる能力も求められています。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube