FASHION ファッションカレッジ

マーチャンダイザーの仕事を知ろう!

マーチャンダイザーは通称MDとも言われる職業。ファッション業界において、販売などを管理する重要なポジションです。しばしばバイヤーと兼任することもあるマーチャンダイザーですが、基本的にはどのような職業でどのようなスキルが必要なのかチェックしてみましょう。

マーチャンダイザーとは?

マーチャンダイザーとは、商品の販売計画であったり、予算組みであったり、販売を管理する責任者のことを指します。まず、マーチャンダイザーの仕事は市場の調査をはじめることから。市場のニーズを把握したうえで、新商品の企画を行っていきます。新商品の企画を行う上で、販売計画や予算管理など計画や管理を行うのもマーチャンダイザーの仕事です。新商品の開発にあたっては、生地などを仕入れるために自ら仕入れ先などに赴くことも。また、バイヤーのように商品開発を行うのではなく、直接商品を仕入れたり、販売促進のための宣伝の企画などを行なったりすることもあります。

マーチャンダイザーになるには?(必要な資格・スキル)

マーチャンダイザーになるには、アパレルメーカーの他、百貨店や量販店に採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、ファッション系の専門学校卒業者が多く働いています。ただし、未経験者の場合はすぐにマーチャンダイザーとして採用されるのではなく、ショップ販売員などの経験を積んでからなるのがほとんどです。 マーチャンダイザーになるために必要な資格はありません。ただし、アピールポイントとして、ファッション系の資格である日本ファッション教育振興会主催のファッションビジネス能力検定試験や、ファッション販売能力検定試験の資格を所持している就職の際に有利です。また、バイヤー同様に仕入れ先などと直接交渉する可能性もあるため、英語などの語学力があるとなお良いでしょう。

マーチャンダイザーの年収は?

マーチャンダイザーの初任給は16~25万円、年収は250~600万円。一般的には、販売員などの経験を経てからなることが多いため、初任給は若干低めです。ただしマーシャンダイザーとして能力が認められると年収を伸ばすことも十分可能。他社からヘッドハンティングを受けることもあります。

マーチャンダイザーの求められる人物像は?

マーチャンダイザーで求められる人物像は、リサーチ力としっかりとした管理能力がある人物です。まず、市場のニーズをしっかりと把握しておく必要があるという点で、ものごとを見極められる力があるかどうか、熱心に取り組むことができるかどうかが試されます。また、マーチャンダイザーは販売や商品を管理する仕事。普段からしっかりと自己管理ができているかどうかも大切です。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube