FASHION ファッションカレッジ

大手企業バイヤーに聞いた、リアルな仕事内容

バイヤー.jpgのサムネイル画像こんにちは!!
ヒューマンアカデミー・ファッションカレッジです!!

オープンキャンパスに来る学生から将来について話すことが多いですが、
その中でもスタイリストやプレス、バイヤーなど様々な仕事に就きたい!と言われます。

ヒューマンアカデミーではそんな将来に不安を抱えている学生の為に、
個別で業界説明を行っていて、その学生に合った進路を導いてあげています。

アパレル業界ってわざわざ学校行かなくても・・・
給料って安いイメージがあって・・・とマイナスイメージが多い職ではありますが、
全然そんな事ないですよ!!

じゃあなぜファッション業界に行くために、学校に通うのか?
販売員から上にあがる為の、スキル・知識が必要だからです。

この業界は「服好きな子」「オシャレが好きな子」が集まってくる業界です。
そんな人たちが沢山いるなかで、あなたはずっと販売を続けますか?
むしろ続けることができるでしょうか?

確かに販売員の給与は高くはないです。
でも、上にあがることでアパレル業界でも他業種よりも稼げたりします!

それがバイヤーです!
他にも職種がありますが、今回はバイヤーについてお話ししていきます^^
ちなみにバイヤーはどういったお仕事かご存知でしょうか?


◆バイヤーとは?
ファッション業界におけるバイヤーは、主にアパレルメーカーや百貨店などの店頭に並ぶ商品を買い付ける仕事です。国内や海外の展示会に出向き、予算内で買う商品をセレクトします。どんなサイズを何枚ずつ買えばよいのか、またその場で大体の上代(表示価格)を計算して買い付けの数量を決めたりもします。また買い付けの際には値段や納期の交渉などの細かい仕事も含まれます。買い付けの前には前年の売り上げを分析したり、どんなものが売れるか、世界のトレンドやコレクション、他者の売れ筋などをリサーチしたりすることも重要な仕事の一つです。


その中でも、元々大手企業でバイイングをしていて、年収700万近く稼いでいた、そんな先生からお話しを聞いてきました!^^

彼は学校卒業後、スポーツおよびアパレル販売の企業に縁あって勤めることになり、
販売員や部門責任者(店長やエリアマネージャー)を経験した後に、5.6年経ってバイヤーになりました。

最高に楽しい職でもあり、その分大変な事もあると思い出にふけってました。笑

バイヤーは限られた時間・予算の中で買い付けに行くお仕事ですが、
主にマーチャンダイザー(MD)と話して、今後こういう方向性でいこう、こういう服が流行るな・・・とか話し合いの上、海外に飛び立っていきます。


※マーチャンダイザーのとは何か!?※
仕事内容・必要なスキルなど知りたい方は、こちらをCLICK!!


セレクトや大企業によって、訪問する場所は変わってきたりするようですが、大手の場合、英語が話せなくても通訳を付けて回ることも多いそうです。

滞在期間も2週間~1か月ものあいだ海外滞在し、最長で2か月海外生活をおくる事もあったそうです!海外生活では、スケジュール管理をしっかり行い、空いた時間には観光をしたりと、日々の生活は充実していて、主にアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・シンガポール・中国・韓国に飛び回り1回の買い付けで何ヵ国か回るようです!

でも、ただバイイングをするだけではなく国内でのお仕事はイベント関係に携わる事が多いらしく、スケボーの大会や、音楽フェスなので視察や広報的なお仕事も行っていたようです・・・(゜_゜)

めっちゃ楽しそうですね!!

まだまだネットには載せれないウラ話もあるようですが、続きは業界説明会で!

ち・な・みに、このバイヤーの方はヒューマンアカデミーの先生です。
業界のウラ話、仕事内容、なり方など詳しく聞きたい方は、見学会に参加してみてくださいね!!

◯体験授業のお申込みは・・・



taiken_top.jpg

◯パンフレットのご請求は・・・

パンフ画像.pngのサムネイル画像のサムネイル画像


◯相談や質問はLINEで・・・

1対1トークが可能なので、お気軽にメッセージをください♪

友だち追加数

QRは下記コードより^^






BEFORE
NEXT
    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube