FASHION ファッションカレッジ

【ハンドメイド市場出店】得意なファッションビジネスを活かした商品製作って?



ハンドメイドファン、作家、ファッションに関心のある層など幅広い方々へ発信しているイベント、「ハンドメイド市場」へ出店実習に行ってきました!!

ファッションカレッジ、デザインカレッジ、マンガカレッジと3カレッジが合同で実習に行くのもヒューマンならではです♪
いろんなカレッジのお友達ができるし、関わりの中でいろんな視点を学ぶことができますね。

unnamed (4).jpg
会場では出店だけじゃなく、クリエイターのみなさんが楽しめるトークショーも行われていました。



今回の実習の大きな目的は2つ!!!

①今まで得たスキルを活かした制作物を自分の手で販売することで、制作から販売までの流れを経験する

②クオリティの高い作品を学外で販売することで、マーケティング力を向上させるとともにPR手法を身につける





1年生は、オリジナルトートを販売しました。

unnamed (5).jpg

制作したツイル素材のバッグにアイロンプリントなどでデザインした、どこのショップでも売っていないオリジナルです!


2年生は、ニット帽・ハット・ピアス・ネックレス・ブレスレットなどの小物企画商品を販売しました。

unnamed (6).jpg

2年生のほとんどがアパレル販売のインターン経験者のため、店舗運営のアプローチ、接客、レジ打ち、包装、お見送りまで実務の流れをスムーズに取り組むことが出来ました!(^^)!


学生なのに、すでにアパレル現場の経験をしている子がたくさんいるなんて、インターンに力を入れているヒューマンアカデミーの強みですねshineshine



unnamed (3).jpg
 
いつもはお店で作られた商品を売ってるみんなですが、この実習では自分たちで一から作った商品が売れる感覚を味わうことができて嬉しそうでしたheart04heart04

商品の特徴や、見て欲しいところなどを自分の言葉で説明出来るので良い経験になります。




unnamed (7).jpg
ただ商品を作るだけはなく、

・どういったお客さまに向けての商品企画なのか?
 たとえば、年齢、性別、好きなファッションブランドなど・・・

・どういったシチュエーションで使って欲しいのか?
 たとえば、フォーマルなスタイル、おしゃれをしてショッピングにいくときなど・・・

・他の商品との差別化はどこなのか?
 ポケットの位置や数に特徴があるのか、生地に拘りがあるのかなど・・・

こういったビジネス視点を持って、商品を企画する能力が求められます。

自分の好きなものを作って販売しても売れない時代。どこのアパレル企業も『売れるものを作る能力』を求めています。

実際の実習を通して、顧客視点を持つことで自分たちの能力を磨くことが出来る実習でした♪






taiken_top.jpg↓↓↓↓↓↓パンフレットのご請求は↓↓↓↓↓↓

panfu-1.jpg

相談や質問はLINEで出来ます!
1対1トークが可能なので、お気軽にメッセージをください♪

友だち追加数

QRは下記コードより^^






BEFORE
NEXT
    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube