FASHION ファッションカレッジ

ファッションプロデューサーの仕事を知ろう!

ファッション業界には、デザイナーやマーチャンダイザーなどさまざまな職種がありますが、それぞれが個別に仕事をしていては、事業はうまく立ち回りません。それぞれの仕事をうまく繋げて、管理している仕事が必要になります。この、潤滑剤のような役割をするのがファッションプロデューサーという仕事です。

ファッションプロデューサーとは?

ファッションプロデューサーとは、デザイナーやマーチャンダイザーなど、ファッションブランドにおけるファッション関連のチームをまとめる責任者のことです。ファッションの企画から販売までひと通りの流れを把握し、管理を行います。能力が認められれば、独自のブランドを任されるなどやりがいのある仕事です。

ファッションプロデューサーになるには?(必要な資格・スキル)

ファッションプロデューサーになるには、アパレルメーカーに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、ファッション系の専門学校卒業者が多く働いています。また、いきなりファッションプロデューサーになるのではなく、ショップ定員から経験を積んでなることも少なくありません。 ファッションプロデューサーになるには、必要な資格はありません。しかし、企画から販売まで管理していかなければならない立場のため、業界の流れをひと通りつかんでいる必要があります。そのため、事前にファッションデザインの基礎やマーケ―ティング、生産管理など学習を積んでおくことが大切です。ファッション学科では、ブランドプロデュース、業界研究、メディア戦略などの事業を通して、ファッションプロデューサーとしての基礎力を養うことができます。

ファッションプロデューサーの年収は?

ファッションプロデューサーの初任給は17~20万円、年収は300~700万円。入社して数年はショップ店員などとして経験を積むことが多いため、初任給はショップ店員などと同じようになっています。また、ファッションプロデューサーは、経験を積むことによって独立などの道も開ける職業です。独立や独自のブランドを任されることによって、より高い年収を見込むこともできるでしょう。

ファッションプロデューサーの求められる人物像は?

ファッションプロデューサーは、責任者であり各工程の管理をする立場です。そのため、責任感が強く、しっかりとものごとを見据えて遂行できる計画性のある人物が認められます。また、より関係者と密に計画を練るには、積極的なコミュニケーションも欠かせません。管理能力や責任感が強いという点だけでなく、しっかりと円滑なコミュニケーションをとることができるかという点も重要になってきます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ
ネイル カレッジ
ブライダル カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube