FASHION ファッションカレッジ

ファッションデザイナーの仕事を知ろう!

ブティックやファッション専門店など華やかなファッション業界で働くファッションアドバイザー。いわゆるショップ店員などにあたる職業です。ショップで服を購入する際に、のコーディネートの相談にのってもらったことのある方も少なくないでしょう。ファッション業界では、顧客と近い位置にあるファッションアドバイザーですが、実際にどういった仕事を行うのか詳細をチェックしてみましょう。

ファッションデザイナーとは?

ファッションデザイナーとは、衣服をはじめとしたバッグや靴などの服飾品をデザインする仕事です。ファッションデザイナーの働き方は、大量生産を目的にした企業内でのデザイナーと顧客別にデザインを行うオートクチュールデザイナーに分かれます。 基本的には仕事の流れは企画からはじまります。企業の場合はコンセプトやターゲットをもとにしたメイキング。オートクチュールの場合は顧客の要望をもとにしたすり合わせです。次に企画をもとに、実際に紙にデザインを起こしていきます。その際、使用する素材なども決めるのが一般的です。そして、デザインを練ったら、企業デザイナーであれば仮縫いから工場で仕上がったサンプルのチェック、オートクチュールデザイナーであれば本制作に取り掛かります。

ファッションデザイナーになるには?(必要な資格・スキル)

ファッションデザイナーになるには、アパレルメーカーやデザイン会社に採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、服飾系の大学や専門学校卒業者が多く働いています。また、フリーで活動したり、自身のブランドを立ち上げたりするケースもあります。 ファッションデザイナーになるために必要な資格はありませんが、資格を所持していた方が就職や昇進には有利になります。特に直接関わりのあるファッション教育振興協会主催の洋裁技術検定、パターンメーキング技術検定、ファッション色彩能力検定はチェックしておきましょう。また補助的な資格として、東京商工会議所主催のカラーコーディネーター検定、日本デザインプランナー協会のファッションデザイナー認定、日本インストラクターの協会の服飾インストラクター認定も取得しておくとなお良いです。

ファッションデザイナーの年収は?

ファッションデザイナーの初任給は16~20万円、年収は300~700万円。ただし有名なデザイナーとなると年収が1000万円を超えるケースも珍しくありません。

ファッションデザイナーの求められる人物像は?

ファッションデザイナーには、ファッションに関わるスキルだけでなく、豊かな感性を持った人物が求められます。ファッションは時代と共に変化するもので、時代の流れによって人々に受けるデザインが変わってくるからです。また、同様にどのようなデザインが人気がでるのか、リサーチ力も重要になってきます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube