FASHION ファッションカレッジ

ファッションアドバイザーの仕事を知ろう!

ブティックやファッション専門店など華やかなファッション業界で働くファッションアドバイザー。いわゆるショップ店員などにあたる職業です。ショップで服を購入する際に、のコーディネートの相談にのってもらったことのある方も少なくないでしょう。ファッション業界では、顧客と近い位置にあるファッションアドバイザーですが、実際にどういった仕事を行うのか詳細をチェックしてみましょう。

ファッションアドバイザーとは?

ファッションアドバイザーとは、実際にブティックやファッション店などの店舗にたって、顧客にコーディネートのアドバイスなどを行う仕事です。顧客ごとに合う色や流行りのファッションなどを取り入れて、コーディネートを手助けしていきます。店頭にある、マネキンのコーディネートもファッションアドバイザーの仕事です。コーディネートのセンスは、顧客の目を惹くという点で大切な要素になってきます。
そして、ファッションアドバイザーとして経験を積んだら、ショップオーナーを任されることもあります。ショップオーナーになると、ファッションアドバイザーとしての仕事はもちろん、商品の入れ替えや管理などを行っていかなくてはなりません。いずれはひとつの店舗を任されることも多く、責任感も伴うのでやりがいのある仕事だと言えます。

ファッションアドバイザーになるには?(必要な資格・スキル)

ファッションアドバイザーになるには、アパレルメーカーやブランドショップ、百貨店などに採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、ファッション系の専門学校卒業者が多く働いています。また、アルバイトを経てファッションアドバイザーになるケースも少なくありません。 ファッションアドバイザーになるために資格は必要ありませんが、取得していると就職や昇進などに有利です。特に全国服飾教育者連合会主催のファッションコーディネート色彩能力検定はチェックしておきたいところ。また、直接顧客と接する機会が多いため、商工会議所主催の販売士も取得しておくと良いでしょう。

ファッションアドバイザーの年収は?

ファッションアドバイザーの初任給は16~20万円、年収は200~400万円。決して高い年収とは言えませんが、ファッションアドバイザーとして経験を積むことでショップオーナーやさらに上の専門職への道が開けてきます。

ファッションアドバイザーの求められる人物像は?

ファッションアドバイザーで求められるのは社交性と美的センス。特に、顧客にコーディネートを提案する立場であるため、高いコミュニケーション能力や接客スキルは欠かせません。美的センスについては経験によって磨いていくことができるため、どちらかというと社交性などが重視される傾向にあります。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube