FASHION ファッションカレッジ

服飾の専門学校を卒業した後の就職について

ファッション業界で働く第一歩として、その知識や技術を学ぶ場である専門学校ですが、実際に卒業後どんな所に就職できるのか、どれくらいの確率で就職できるのか、就職に際しての支援はあるのかについて、ご紹介していきます。

専門学校卒業後の就職先

ファッションの専門学校を卒業後、就職先として挙げられるのはアパレルメーカーやデザイン事務所、小売店などです。その中にはさまざまな職種があります。商品のデザインを手掛けるデザイナーやデザイナーが設計した商品を型紙に起こすパタンナー。流行や消費者のニーズに合わせてブランドのコンセプト設計やデザイナー、パタンナーに指示を出すマーチャンダイザー。既製品をトレンドに合わせて買い付けるバイヤー。ショップの店頭で消費者にコーディネートの提案、購入を促すファッションアドバイザーなどの多くの職種が存在します。その他にも、自ら独立してブランドを立ち上げる人や、雑誌モデルなどのスタイリングを手掛けるファッションスタイリストとしてフリーランスで働く人など、進路は多岐に渡るようです。

就職率はどれくらい?

では実際の就職希望者における就職率はどれ程なのでしょうか。全体の就職率でみてみると平均で約80%前後となるようです。学校によって前後しますし、データよってはファッション業界以外への就職も含んでいるものがあるので注意は必要です。実際に専門学校からファッション業界へ就職できたケースのみをカウントすると、やはり80%前後というのが正しいようです。企業としては、学生時代から専門性を学んできている専門学生は即戦力となる可能性が高く、教育コストがかからないメリットがあります。そのため、ファッション業界では専門学生のニーズが高い傾向にあります。

就職に際しての支援

専門学校の強みともいえるのが、就職先の斡旋です。既に専門分野を学んでいる学生を欲しがる企業はたくさんあります。そのため就職に際する支援についてはかなり心強いと考えて良いでしょう。資格取得についてもサポートしてくれるのが専門学校の良いところでもありますので、手に職をつける意味でも専門学校への入学を検討してみてはいかがでしょうか。また在学中より、業界の人たちや現場の人たちとつながりを持てる可能性があるのも専門学校ならではのメリットとも言えます。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ
ネイル カレッジ
ブライダル カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube