FASHION ファッションカレッジ

ファッションの専門学校での授業はどのように行われているか

ファッション系の専門学校で行われている授業に対するイメージが掴めない、という方は多いのではないでしょうか。今回は専門学校ではどのような授業が行われていて、学校ごとにどのような違いがあるのかをまとめていきます。

ファッションの専門学校の授業

ファッション専門学校では、「現場」を強く意識した授業カリキュラムが展開されていることが多いです。まずスタイリングの授業では、現役で活躍されているスタイリストの方が講師を務めています。スタイリングのテーマを考えて組み立てるところから、ファッション誌の撮影における背景や小物づかいはどのように決めていくのか、最初から最後まで専門学生がファッション業界へと羽ばたいたときに"即戦力"となれるような授業が行われています。またアパレル業界で活躍し、いずれ独立開業を目指す専門学生のために、トレンドの動きを読み取る「マーケティング力」や、ブランドの企画を立ち上げるための「商品企画力」を磨く授業も展開されています。こうした現場で活かせる知識や経験を身につける授業を受けることで、専門学生は日々、ファッション業界で仕事をするための力をつけていきます。

学校ごとの違いはあるの?

将来に役立つ実践的な授業を行っているという点では、あらゆるファッション系の専門学校は同じと言えます。ですが、「どのような分野の実践的な知識・経験を身につけさせるか」という、重点を置いている部分は学校によって異なります。先述のように、マーケティング力やプランニング力を身につける授業を重視している専門学校もあれば、「制作」を行う現場に重点を置いて授業を展開する専門学校もあります。もちろん多くの専門学校では、服飾の制作からマーケティングまで、ファッション・アパレルに関わる知識を網羅できるようなカリキュラムを展開しています。どの分野を重視しているかは各専門学校の案内をよく確認してみてくださいね。また留学を取り入れている学校であれば、アメリカやフランス、イギリスなどで現地のファッションの流行や技術が身をもって体感することができますよ。

「自分が何をやりたいか」を考えて選ぼう

ファッション系の専門学校では、ファッション史の知識から実践的な知識や経験まで、ファッションに関するあらゆる知識を得ることができます。その中で自分がどの分野を伸ばしていきたいか、ということを考えて専門学校を選ぶことが大切です。そのためには将来ファッション業界の中でもどのような場で活躍したいか、ということをじっくり考えることをお勧めします。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ
ネイル カレッジ
ブライダル カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube