FASHION ファッションカレッジ

バイヤーの仕事を知ろう!

ファッションをはじめあらゆる分野で、店の売り上げの影役者となっているバイヤー。バイヤーの腕次第で店の売り上げが左右されると言っても過言ではありません。実際にバイヤーとして働くためにはどのようなスキルが必要になり、どのようにしたらなれるのでしょうか。

バイヤーとは?

バイヤーとは商品を仕入れる仕事のこと。主に、ファッション業界でのバイヤーを指すケースが多いです。買い付けると言っても、ただ単に仕入れるだけでなく、売り上げを伸ばすためにどのような商品を仕入れれば良いのかを考えなくてはなりません。そのため、まずはトレンドや顧客データの分析を行いどのような商品が売れているのか分析からはじまります。次に商品の選定。ある程度商品の売り上げの傾向が把握できたら、どこからどのような商品を仕入れるのかまた、買い取りの個数や輸送方法はどうするのかを取り決めなければなりません。取引先とのパイプになる重要な仕事でもあるのです。そして、買い付けを行ったら販売価格の設定。トレンドや他の商品との兼ね合いをみて、販売価格を設定するまでがバイヤーの仕事になります。

バイヤーになるには?(必要な資格・スキル)

バイヤーになるには、ファッション業界であればアパレルショップ、そのほかの業界であれば百貨店や量販店に採用されて仕事につくのが一般的です。こうした働き先では、大学や服飾系の専門学校卒業者が多く働いています。また、すぐにバイヤーとして働くのではなく、ファッションアドバイザーなどの接客などの経験を積んでからバイヤーなることが多いです。 バイヤーになるにあたって、必要な資格はありませんが、センスやリサーチ力が問われます。常にトレンドを意識することが大切です。また、近年では日本国内に限らず海外から商品を取り寄せると言ったことも少なくありません。海外から仕入れを行う場合、交渉には外国語が用いられる場合があります。プラスアルファで、少なくともよく使用される英語をはじめとした語学力も磨いておきたいものです。

バイヤーの年収は?

バイヤーの初任給は16~20万円、年収は200~600万円。一般的にはファッションアドバイザーなどの接客を経験してからバイヤーになることが多いため、初任給は販売員と同じ程度になります。

バイヤーの求められる人物像は?

バイヤーで求められるのは、トレンドに敏感で分析力に優れ、また交渉力のある人物です。売り上げとトレンドは少なからず関係していますし、分析することでどういった販売傾向があるのかが分かってくるからです。また、仕入れ先との良い条件で買い付けを行うためにも交渉力は欠かせません。人前に出ても物おじしない度胸と、気になったら調べる研究意欲は評価されるでしょう。

この職種の勉強をするならヒューマンアカデミーをご利用ください

この職業で将来働くことを考えているなら、まずは美容業界に就職し、経験を積むことが第一歩です。
美容業界で働くには専門知識が必須。まずは専門知識を学べるカレッジや専攻をチェックしてみましょう。

カレッジのご紹介
ヘアメイク カレッジ
ファッション カレッジ

    Instagram
    • LINE
    • Instagram
    • YouTube